TATTOO OK! スポーツジム

前回、タトゥーと温泉について記事を書いたけど今回はジムについて。

ラグビー日本代表の活躍が真新しい今、スポーツ意識がすごく高まっている!そこで新規参入しているものに「プロテイン」がある。このニュートリションカテゴリーは、大手も含めさまざまなところから新発売目白押しで、それだけ世の中ではトレーニング意識が高まっている。

そこで気になるのがやはり「TATOO」問題だ!

日本がこれだけ世界において重要な経済の役割を担っている国であり続けているのに、「TATOO」「刺青」「入れ墨」だけは未だに閉鎖的な、後ろ向き姿勢が続いている。

今回は、シンプルに「TATOO」「刺青」「入れ墨」OKなところだけ紹介します。と言ってもほとんど無いのが実情です。
ガッツリ鍛えたくい人は「ジム所有のパーソナルトレーニング」がおすすめです!

エニタイムフィットネス

今至るところにあるこのジム。サポーターやテーピングなどでちゃんと隠していればOK!24時間だし、世界や国内ネットワークでの利用も可能なので意外とおすすめかも!

ワールドジムプラス

こちらもエニタイムと同じシステムのマシーン特化型のジム。タオル無料だったり指紋認証などは使いやすいですね。まだ、世界規模のエニタイムとちがって数は少ないけど検討リストに入れてもいいかも。

ゴールドジム……。

意外と期待はずれなのがゴールドジム。海外からのビルダーなどゲストはTATTOがOKなのに!会員は、ほんとうに小さくてテーピングで隠れる15cm四方のワッペンレベルのTATTOならOKというお粗末なもの。世界規模のジムでありながら、アメリカの本拠地はOKなのに日本はNG(ほぼある意味)?なシステムは実に残念ですね。本格的なトレーニングを必要としている「ラグビー」や「格闘家」はTATTO入っていることは多いいですからね。2020年を目処に、システムの改定を本当に願うばかりです。

ということで、かなり少ないです。残念です。ここも大丈夫という情報お待ちしています!