Top
Image Alt

GO CRAZY

  /  Culture   /  外国人は「温泉が好き」どうする「タトゥー問題」

外国人は「温泉が好き」どうする「タトゥー問題」

2020年を目前に、今年からは、ラグビーのワールドカップが開催される!

ということは、すごい数の外国人が訪れるということだ!

ラグビーにしてもサッカーにしても最近のメジャーなスポーツ選手には

それぞれ思い入れが深い言葉や、絵などのタトゥーを彫っていたりする。

なかなか目立つので、かなり多いい印象にすら感じるはずだ。

海外では大切な人、家族などを思って彫っている人や、ファッションで入れている人がほとんど。

これは、海外でも偏見もあり否定的な人ももちろんいるが、それなりに市民権が得られている。

 

これが、日本だとどうしてもタトゥー(刺青)は、反社会的!な団体と直結されてしまう。

大きな日本古来の和彫りなど入れているとほぼ直訳にちかく「反社会的な団体」人間のレッテルがつけられる。

 

とはいえ、近年でも外国人旅行者の増加に伴い、やっと近年タトゥーに関する状況は変わりつつはある。
観光庁が2016年に発表したないようは、宗教や文化などの理由でタトゥーがある場合があること、衛生上の支障にはならないことが示されているほか、入浴に関する対応事例として「シールなどでの対応」「入浴時間の工夫」「貸切風呂の案内」を紹介した。それにて施設側に対応の改善を促しはじめた。

個人の思いやファッションの類は入っていないので、個人の尊重をされている感じがないが、一歩ずつ理解が広がる傾向にある。

そんな中で、タトゥーが入っていて偏見により温泉に入れない人向けに!(現在ほとんどのホテル・旅館の過半数が入浴を拒否している)

入れる温泉情報を公開している

「Tattoo Friendly」を紹介したい!

なんというすばらしいサイトだろう!今までは、個人の人が書き上げたblogがちらほらあって、それを頼りに行ったりしたものだが、(筆者もタトゥー愛好家であり、日頃からの悩みに温泉があった)このサイトはしっかりしていてすばらしい。

2019年2月現在で、1050件以上を掲載している。サイトは日本語以外に英語にも対応しており、訪日外国人旅行者への配慮も感じる。

 

コンテンツには日本のタトゥーの歴史について書かれていたり普通に勉強にもなる。

これだけ数あると、実に安心!

 

日本人が一番、日本のタトゥーへの偏見が多く、間違った解釈が多いい。そのことを紐解くために作られたこのサービスが新しい日本のタトゥーの認識を変えてくれることを願う。

とはいえタトゥーを推進する気は、私自信もないが、単純な偏見がなくれることを切に願うばかりである。

 

温泉以外に、ジムやプールなどもあるので、諦めていた方は是非チェックを!

意外と近くにあったかもしれない。

 

さて、どこの温泉に行こうか思案する楽しみが増えた。

思いついたら「やってみる!」をモットウに、DIYや自動車のレストアなど作る系に精通。企業のブランディング・ディレクションなども数請け負っている経験から、様々な商品やサービス系にも強みを持っています。趣味の「無計画な旅」で出逢った方々と色々な活動を生み出すことを生き甲斐にしています。

Post a Comment

CAPTCHA