Top
Image Alt

Culture

  /  Culture

最近は、有名アーチストのコカイン使用による逮捕などで、「作品に罪わない」などの新しい論議が話題になっている。元アイドルや政治家の薬物常用。麻取りがオリンピック目前に本気になっている!

「作品に罪はない」正直、そんな話は認められるものではない。薬物乱与していたときに踏み込まれたその場にあった作品が「すごい芸術」だとしても本来の自分が生み出していないものなど、薬物異常者の「証拠品」の一部でしかない。

2020年を目前に、今年からは、ラグビーのワールドカップが開催される!

ということは、すごい数の外国人が訪れるということだ!

ラグビーにしてもサッカーにしても最近のメジャーなスポーツ選手には

それぞれ思い入れが深い言葉や、絵などのタトゥーを彫っていたりする。

なかなか目立つので、かなり多いい印象にすら感じるはずだ。